ニュース速報+

米、国防権限法が成立 軍事演習に台湾招待促す【共同通信】 [少考さん★]

1 :少考さん ★:2021/12/28(火) 06:26:29.27 ID:BET+kQU29.net
米、国防権限法が成立 軍事演習に台湾招待促す
https://nordot.app/848241542943735808

2021/12/28 01:48 (JST)
12/28 02:05 (JST)updated

【ワシントン共同】バイデン米大統領は27日、2022会計年度(21年10月〜22年9月)の国防予算の大枠を決める国防権限法案に署名し、同法は成立した。22年の米海軍主催の「環太平洋合同演習(リムパック)」に台湾を招待するよう政権に促し、中国への対抗姿勢を鮮明にした。総額は約7780億ドル(約89兆円)規模。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

71 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 14:41:16.79 ID:lgXYrgMR0.net

>>39
はい、この人中国人です。
わかりやすー

53 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 09:41:19.34 ID:CegX1v++0.net

>>51
日本の敵は台湾を含む常任理事国の全部。

55 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 09:45:21.36 ID:CegX1v++0.net

犬が去って豚が来た

これが台湾人の日本統治に対する総括。

46 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:41:09.47 ID:gUT1osMy0.net

ようやくかよ。
遅すぎ

36 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:19:50.49 ID:rR4GA1Qk0.net

なんか懐かしい感じだな
ABCD包囲網みたいな感じというか
中国内部も不動産や罰金の乱発や食糧不足や停電で酷いし暴発しても不思議じゃないな

18 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 07:09:22.09 ID:SG6+lGlj0.net

踏み絵も何も日本は中国と共同体

79 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 15:02:15.70 ID:CegX1v++0.net

>>78
台湾のなりすましかもな。

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:45:57.13 ID:pFKrKfG20.net

>>2
日本政府と国会議員らは 踏み絵を踏まされるね

8 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:50:04.32 ID:1E/yvaRT0.net

日本政府として国と認めていない台湾に首を突っ込むのはおかしい
もし介入するならば
アメリカの植民地 属国であり独立国では無い

7 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:49:02.48 ID:6SIzchgA0.net

演習でそんなにカネ使うのか…
そのままチャイナに攻め込んでくれよ

34 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:12:27.35 ID:MkgD1GvX0.net

バイデンは親中派で大統領になったらアメリカは終わるとかデマを流し続けたネトウヨを逮捕しろ

29 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:02:38.72 ID:OK+f1bjs0.net

はやく核撃て

91 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/29(水) 09:13:56.54 ID:Kb8u3KVi0.net

中国の大きな狙いは、台湾を香港化することで
その南に広がる海を完璧な領海とすることよ。

他方で、カンボジアやタイの南方海上も
間接的な影響力と支配で、実効上の領海と
する戦略が押し進められてる。

でだ、未だ日本の発電量の70%近くが
石炭と石油を燃料とする火力になってる。
石油の輸送ルートが中国の完全支配下に
なるっつうのは、気持ち悪くねえか?

14 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:55:12.45 ID:cRv5wpp00.net

中国には、こういう国際的な政治力はないだろ。

没落する中国 www

57 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 09:49:52.84 ID:CegX1v++0.net

真珠湾の無通告攻撃もおそらく嘘。

82 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 17:47:04.90 ID:BIL6NAb20.net

>>73
ひとつの中国を認めているアメリカが、中国が台湾を併合しようとすることを
武力で阻止すると堂々と公言することは、条約にも国連にも反する。
併合は平和的手段で、それまでは現状維持でという注文は、あくまでアメリカが
中国にお願いすることで、外交的にそういうへりくだった修辞にすべきこと。

63 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 10:46:46.26 ID:jxpobZNT0.net

いやふつうにネットでジャップの残虐行為に歪曲された台湾の歴史が広められ
プロパガンダされてる
https://youtu.be/A0UGuv15Nmg

ジャップはこういうアメリカのプロパガンダになんの反論もせずに
アホしかいない外務省が世界に通じないトンチンカンな英語で
わけのわからない応答をするだけ

24 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 07:49:27.08 ID:DeFANCld0.net

安保常任理事国を元に戻して中華民国に変更せよ

38 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:24:04.53 ID:+crqDq9D0.net

クソ移民党もなんで中国なんかに援助しちまったんだ

中国人だけは信じちゃダメだと1万冊の歴史書にしるしておけ

65 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 11:50:07.28 ID:CegX1v++0.net

外務省の30年人事

1990年 冨田浩司 平岡紀子と結婚
2015年 駐イスラエル大使
2019年 駐韓大使
2020年 駐米大使

4 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:33:16.75 ID:BIL6NAb20.net

アメリカは中国が貧乏国だった時代にあいまい戦略で、今になって態度を翻すのは
世界平和へに背信行為だ。
アメリカが自分を脅かす存在を許さないというだけだ。

68 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 14:36:23.32 ID:5nLrkuit0.net

スターク案

アメリカ海軍作戦部長ハロルド・スタークが提案したアメリカ海軍の建艦計画。
スタークスプラン(Stark’s plan)とも。
第二次世界大戦の欧州でのドイツの快進撃により、太平洋、大西洋の両方面に同時に対応可能な戦力を保持することを目的として提案。
1940年7月に成立した両洋艦隊法によって予算成立。

この計画は、アイオワ級戦艦、エセックス級航空母艦など合計135万トンの艦艇建造が計画された。
この数字は、大日本帝国海軍の当時の連合艦隊の総戦力147万トンに匹敵する数字であり、圧倒的な計画であった。

56 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 09:47:41.43 ID:wY4ldSSb0.net

高砂義勇軍もアメリカにより強制的従軍で
大量の犠牲者が出たことになってるが
日系人442部隊も強制だったにではないのか
アメリカの歴史歪曲には辟易するし
442部隊はほとんどが死んでる自殺攻撃部隊で
ダニエル井上は運良く生き残っただけ

5 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:38:46.73 ID:aRu+Cj0P0.net

去年比で10%くらい上がってそう
中国は去年62兆だったかな

13 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 06:54:33.39 ID:wGzi9agU0.net

日本と台湾とられたら
アメリカ100%負けるもんな
ロシア中国の原子力潜水艦が泳ぎ放題になる

83 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 17:58:34.72 ID:bCpjLkL60.net

>>82
中国が先に香港の一国二制度を50年守るという約束を反故にして今があるんだぜ

90 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/29(水) 07:25:50.60 ID:uQ1X4+o80.net

>>8
GHQ憲法をいつまでも大事にして自国民で自国の憲法を作る気もない国が独立してると思ってたの?

67 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 14:32:55.50 ID:5nLrkuit0.net

>>1
21世紀のスターク法案だな
アメリカは覇権ではなく生存をかけて踏み出した
それはユダヤが本気を出したと言う事だ

31 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 08:07:10.65 ID:94mdRLDH0.net

>>4
違うよ
習近平が独裁政治をして世界の平和を乱してるから
制裁されてるんだよ

69 :ニューノーマルの名無しさん:2021/12/28(火) 14:36:37.14 ID:8wP1gIRN0.net

>>6
岸田は大丈夫、安倍だったら危なかった

どうか一日一票をお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す